相続発生前サポート

早すぎても損はない生前対策

早すぎても損はない生前対策

「相続なんて関係ない」と思われている方も、相続税は実はとても身近に存在し、いつ自分に発生してもおかしくない税制です。また、親族やご家族間でのトラブルにも繋がることもありますので、発生する前の相続対策は大切です。
遺産を円満に継承することは、遺産を残してくれた人に対する思いやりです。相続人の税金負担を軽くし、揉め事の原因を残さないためにも、生前対策をおすすめしています。

生前贈与とは

生前贈与とは

生前贈与とは、被相続人が生きている間に相続人に分け与えることを言います。
生きている間に自分の財産を減らし、将来相続人にかかる相続税を軽減することができます。
しかし、一定の金額を超えると贈与税がかかり、相続税よりも負担が大きくなることがあるため、慎重に行う必要があります。

生前贈与のメリット

  • 被相続人の意思を反映することができる
  • 贈与した物がどのように利用されるか確認できる
  • 上手に活用すると、相続税対策になる

生前贈与を検討されている方に

生前贈与を検討されている方に

生前贈与には、贈与する金額に応じて贈与税が課税されます。
例えば、1,500万円を贈与すると、贈与を受けた方には500万円以上の贈与税が課税されます。贈与税は、金額が大きくなるほど税率も上がっていくため(累進課税)、生前贈与を行う場合は慎重に検討する必要があります。しかし、贈与税には様々な特例があり、対策方法によっては将来の相続税の節税が可能になります。

年間110万円を超える贈与を受けると課税されます

贈与税は、年間110万円を超える金額の贈与が行われると、贈与を受けた方に贈与税が課税されます。
課税を逃れるために年間110万円以下に抑えたとしても、それを毎年繰り返せば、「分割して財産を分け与えている」とみなされ、これまでの贈与額全てに課税される可能性があります。

専門家に相談して、賢く節税

年間贈与の金額が110万円を超えた場合の贈与税を試算してみましょう。
「(贈与額-110万円)×贈与税率」
贈与されるものが土地や建物などの不動産、非上場株など評価の算出が難しい場合は、贈与される前に当事務所までご相談ください。

生前対策のポイント

生前対策は、3つのポイントで円満相続

生前対策は、3つのポイントで円満相続

相続対策を始める時期は、早ければ早いほど大きなメリットを得る可能性が高くなります。
資産状況やお客様の状況によって個人差はありますが、相続が発生した時だけでなく、その先のライフプランや所得税などの税金対策もしっかり考慮した対策を立てることが大切です。

1相続税対策

将来、相続を受けた方が支払うことになる相続税額を減らす対策で、不動産活用や生前贈与などの方法があります。 相続税の算定基準となる被相続人の財産評価額を下げ、さらに相続税の特例を利用できるよう検討します。

2納税資金対策

遺族に相続税が課税された時に、納税に困らないように金銭的な対策を立てます。
不動産や建物など相続する財産が大きいにも関わらず、現金・有価証券など換金性の高いものが少ない場合は、納税資金対策は非常に重要になります。

3遺産分割対策

普段は仲の良い親族や兄弟姉妹も、遺産分割で揉め事になるケースは少なくありません。
相続のケースによっては、もっとも慎重に行わなければならない対策で、相続する財産が自宅一軒のみで、相続税がかからない方にも必要な対策です。

ご相談の流れ

ご相談の流れ

相続についてのご相談は、お気軽に当事務所までお問い合わせください。
休日のご相談、出張相談も無料で行っております。
ご相談の際に簡単な試算を行いますので、下記の資料をご用意ください。

ご持参いただくもの

  • 固定資産納税通知書
  • 預貯金の残高がわかるもの
  • 有価証券・株券など

まずは、気軽にご相談ください

はじめてのご相談は、無料で行わせて頂きます

pageTop